定年・退職祝いのマナー・相場。贈る時期、相場、表書き、お返しなど。

父に退職祝いのプレゼントを贈る予定ですが、相場はどの位ですか?
親の場合は退職祝いに10000円~30000円というのが相場ですが、旅行券など相場以上の金額を出される家庭もあれば、プレゼントは贈らないという家庭もあり、家庭によって様々です。

 

退職祝いのマナー・相場

退職祝いはいつ贈る?

 

退職祝いを贈る時期

職場での退職祝いの場合、職場の慣例に従って渡します。
退職の1~2週間前に行われる送別会の日や、退職日当日というのが一般的です。

お世話になった人に個人的にお礼をする場合も、1~2週間前~退職日当日というのが一般的でしょう。

両親の場合は、退職日当日から2週間後位が目安ですが、決まりがあるわけではないので、後日、皆が集まって食事会などをするのであれば、その時で問題ありません。 

 

退職祝いの相場

 

一般的な退職祝いの相場は下記の通りです。

 

贈る相手 相場

両親

10,000円~30,000円

友人・知人

3,000円~10,000円

会社関係(部課単位のグループ)

5,000円~30,000円

会社関係(個人)

3,000円~10,000円

 

[参照] All about 定年・退職祝いのマナー価格.com 退職・転職祝い 

 

水引と表書き

 

退職祝いの水引と表書き

水引は紅白の蝶結び。 表書きは「御祝」「御退職御祝」「御定年御祝」「謹呈」「御餞別」「御礼」など。

定年退職の場合は「御祝」で問題ありませんが、自己都合の退職やリストラなどの場合は「御祝」は不適切。
「御礼」「御贐(はなむけ)」などを使い、無地短冊で地味な包装紙を使います。

 

退職祝いのお返し

 

退職祝いのお返し

基本的には不要とされています。
落ち着いたら、礼状を出して、近況を報告します。

一方、退職祝いの御礼や退職の挨拶として、菓子折りなどをお返しするのが慣例となっている職場もあります。

また、個人的に御礼の品などをもらった場合に、礼状と一緒に食べ物やスイーツなどをお返しする方もいらっしゃいます。

お返しをする場合の予算は、もらった金額の1/3~1/2程度で、表書きは「御礼」になります。

 

退職祝いのプレゼントのタブー

 

退職祝いのタブー

下着、靴下など身に着けるもので、下に着けるものは、目上の人にはタブーとされています。

その他、靴、スリッパやマットのような踏みつけるものもNGです。

ただ、家族など親しい間柄や、本人からリクエストがあった場合などは問題ないでしょう。