送別会での退職・異動する人へ贈る言葉・スピーチの基本パターン

送別会で退職者へ送る言葉を述べなければならないのですが、何を話せばよいですか?
今までの勤務に対する慰労、退職者に関する心に残るエピソード、今後の自分達の抱負、退職者への今後への励ましの言葉や感謝の言葉を述べます。

 

送別会での贈る言葉・スピーチ

退職・異動する人へ贈る言葉・スピーチ

 

送別会の挨拶

退職の送別会や職場でのお別れの際に、退職者へ贈る言葉・スピーチを頼まれることがあります。

ここでは、一般的な贈る言葉・スピーチの基本パターンを記載します。
前向きな言葉で、3分程度を目安に準備しておきましょう。

 

贈る言葉・スピーチの基本パターン

 

項目 言葉

1.簡単な自己紹介

・ただいまご紹介にあずかりました○○部の△△でございます。本日は○○さんへの贈る言葉を述べさせていただきます。

2.退職者・異動者への慰労の言葉

・○○さん、私が△△部に異動になって以来、本当にお世話になりました。

・○○さん、この度は××部へのご栄転おめでとうございます。

・○○さん、入社以来、5年間の勤務、お疲れさまでした。

3.退職者・異動者の心に残るエピソード

・○○さんとの仕事で一番心に残っているのが、◎◎のプロジェクトに参加した時のことです。
⇒何が心に残っているかを話す

・○○さんと××年、一緒に仕事をしてきたわけですが、その中で印象に残っているのが○○さんの仕事に向き合う姿勢です。
⇒何が印象に残っているかを話す

4.退職者・異動者への激励の言葉

・○○さんは退職後、地域活動にいそしまれると伺っております。○○さんの今後のご活躍をお祈りしております。

・××部でも○○さんの力を存分に発揮して、活躍されることと思います。健康に留意して頑張って下さい。 

・○○さんが明るく輝ける未来を築くことを願っています。

5.送る側の今後の抱負

・今後は、○○さんの仕事を私が引き継ぐことになっていますが、お客様にお叱りを受けることのないようにしっかりとやっていきたいと思っています。

・○○さんが抜ける穴は大きいですが、残された私達が一丸となって取り組んでいきたいと思います。 

6.締め

・○○さん、本当にありがとうございました。これにて私の送る言葉は終わりにさせていただきます。

 

具体的な贈る言葉の例

 

具体的な挨拶例はこちらをどうぞ。