送別会を成功させたい幹事さんが知っておきたい基本の進行例

送別会はどのように進めていけばよいのでしょうか?
一般的には、開会、上司の挨拶、乾杯、食事と歓談、余興、花束・記念品贈呈、退職者の挨拶、締め、閉会といった順に進めます。

 

送別会の進行

送別会はどのように進行すべき?

 

送別会の進行

それぞれの職場で文化があるので、慣例に従って進めていけばよいでしょう。

ここでは、一般的な送別会の進行表を記載します。
職場に合わせて、アレンジしてみて下さい。

 

一般的な送別会の進行例

 

項目 司会の言葉

1.開会

・これより○○さんの送別会を開催いたします。

2.上司からの贈る言葉

・まず、△△部長よりご挨拶を頂戴いたします。△△部長、よろしくお願いいたします。

※最上位の職位の方が適任です。

3.乾杯

・続きまして、◎◎課長に乾杯のご発声をお願いいたします。◎◎課長、よろしくお願いいたします。

※2番目の職位の方が適任です。人数によっては、最上位の方に乾杯までお願いします。

4.食事と歓談

・それではしばらくの間、食事を楽しみながらご歓談下さい。

5.余興・贈る言葉等
(任意)

・○○さんが入社してからの職歴をご紹介したいと思います。
・○○さんと長年一緒に仕事されてきた××さんから、○○さんへの贈る言葉をお願いしたいと思います。
等、準備してある余興を行ったり、贈る言葉を言ってもらったりする。

6.花束と記念品贈呈
(任意)

・続きまして、○○さんに花束と記念品の贈呈を行いたいと思います。□□さん、よろしくお願いいたします。

7.退職者・異動者の挨拶

・では、退職されます○○さんよりご挨拶をいただきたいと思います。○○さん、音頭をお願いいたします。

8.一本締め・万歳三唱等の締め(慣習に従う)

・そろそろお時間が近づいてまいりました。○○さんのこれからのご健康と更なるご活躍を祈願して、一本締めで締めさせていただきたいと思います。■■さん、お願いいたします。

9.閉会

・これにて、○○さんの送別の会を終了させていただきます。二次会の予約もしてありますので、お時間のある方は是非ご参加下さい。本日はありがとうございました。